2011年10月18日

第9期プロクィーン決勝観戦(2011/10/16)

今年で5年連続となるプロクィーン決勝の観戦に行ってきました。
優勝はほぼ完勝で和久津晶プロ。おめでとうございます。
 CIMG4238.JPG

自分は2日目だけの観戦でしたが十段戦決勝を観ているような感じ
でしたが、簡単に各プロへのコメントとしてまとめてみる。

優勝:和久津 晶プロ
   2日目の初戦こそラススタートでしたが、持ち前のブレない
   精神力ですぐに挽回。周りにだいぶ助けられた面もあったが
   見てて危なげがなく優勝する人はこういう人なんだなと何と
   なく分かるようになってきました。
   和久津プロはプロ1年目から知ってましたが、元々センスも
   あり、いつかはタイトル獲るだろうなと思っていたので初の
   ビックタイトル獲得にも納得です。
   本人とはMFCで1度だけ対戦しただけですがタイトル獲得
   でこれから益々の活躍が期待されることでしょう。
   
2位:筒井 久美子プロ
   2日目だけの成績なら優勝。足切り候補から一転して怒涛の
   追い上げであわや逆転優勝の条件を作るところまで追い上げ
   ギャラリーを一番沸かせていました。まだまだ成長過程な所
   もあったのでこの決勝の舞台がよい経験になるのでは?

3位:石井 阿依プロ
   シード権があるとは言え4年連続の決勝進出は見事。リアル
   麻雀はこのプロクィーン決勝でしか見たことありませんが、
   4年前とスタイルはほぼ変わらずのようでした。マイペース
   であまり感情が表に現われず本手とゴミ手の判別がつきにく
   く戦いづらい。果たして決勝連続出場はどこまで続くのか?

4位:黒沢 咲プロ
   優勝候補の一角でしたが、決勝ではほとんど手が入らず無念
   の4位。大物手を作りにいった回数では一番だったと思うが
   スピードで一歩遅れ交わされる局面がしばしばありました。
   プロクィーン決勝観戦歴5年の内、4年はマイミクの黒沢咲
   プロが絡んでの決勝。応援するプロが決勝にいるというだけ
   でも観戦が楽しくなるので感謝です。
   お疲れ様&ありがとうございました!

5位:石井 あやプロ
   ディフェンディングが5位足切りになるとは想像もつきませ
   んでしたが沈黙のスナイパーらしからぬ鳴きや牌選択もあり
   昨年とは明らかに何かが違っていました。
   他にも守るべきタイトルがあるようなのでそちらではどんな
   戦いを見せてくれるのか見比べてみたいかも。

観戦された皆さん、スタッフの皆さんもおつかれさまでした。
 20111016190644.jpg CIMG4241.JPG

 観戦土産に購入ぴかぴか(新しい)
 20111018195022.jpg


posted by MATSU at 19:49| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする