2015年02月24日

第7回麻雀処さと ノーレートワンデー大会(2015/02/22)

22日は松戸にある「麻雀処さと」という所で行われたノーレート
ワンデー大会に参加してきました。
ここの雀荘を訪れたのは初めてですが、連盟の小田悟志プロのお店
らしく普段は健康麻雀として営業中。連盟プロを招いて教室も開催
しているようです。

午前の部と午後の部と2回行われましたが、自分は友人2人と午前
の部に参加。お店の中に入ると小田プロが目が合った瞬間に挨拶し
て出迎えてくれました。

そして本日のゲストは女流桜花連覇を成し遂げた吾妻さおりプロ。
250222_さと処02.JPG
自分は今年、新春杯で対戦させてもらってますが、友人の一人が
対戦してみたいというので今回のエントリーに至ったという訳です。

吾妻プロは教室の講師もされているので既ににお客さんに打ち解け
ているようでかなりリラックスした雰囲気でした。

大会は東風戦全7回戦でトータル勝負。順位点は
1位:+30(オカ含む) 2位:+5 3位:▲5 4位:▲10

東風戦なので大きな振り込みは致命傷に至る。1回戦から立直後に
追っかけ立直の当たり牌を掴まされ2連続ラススタート。
3・4回戦で連勝するも5回戦で同卓した吾妻プロにまたしても
トップを取られ波に乗り切れず終了。

<最終成績>
 44113(吾妻p1)42
IMG_20150222_145341.jpg
優勝者は大会参加の常連さんで以前にも優勝したことのある方だった
ようで正直、健康麻雀のお店だからとチョット甘く見てたかもしれませんあせあせ(飛び散る汗)
流石にプロが教えているだけあってレベルの高い大会でした。
自分はパッとしない成績でしたが、一緒に参加した友人がナントexclamation
3位と5位に入り、景品と吾妻プロからの手作りチョコをもらって
いましたプレゼント

この大会は定期的に行われているようで次回は3/22(日)、
松岡千晶プロを招いて行われるようです。
また機会があれば参加したいと思いますが、次回は行けなさそうな
のでせめて宣伝だけしておきます(笑)。
IMG_20150224_010237.jpg


posted by MATSU at 01:49| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

「最初で最後のまっすーゲスト」の巻。

これまで雀荘で知り合い麻雀プロを辞めていく人は何人も見てきた。
プロになろうと思ったキッカケも辞めていく理由も人それぞれ違う。

しかしながらこの人程、人気もあるのにプロを辞めると聞いた時には
意外でなりませんでした。麻雀格闘倶楽部では投票選抜戦で1位に輝
いたこともある、白河雪菜プロ。
250221_まっすー02.JPG
リアルでは2010年、西葛西のとある雀荘で初対戦。記録を遡って
みると同卓した回数は数少ないが未だ自分がトップを取った事がない。
という訳で「最初の最後のまっすーゲスト」というキャッチコピーに
釣られて池袋のまっすーに行ってきました。

遅めに入店した事もあり1回同卓出来るかどうか?といった状況で、
5戦目に同卓。対面にはUZURAさん、下家にはリッキーさんと、
知ってるメンツばかりの中で東パツから好調に親満をあがれて有利な
展開でしたが、最後はリッキーさんに捲られ結局、トップならず!
でも最後は知り合いばかりで楽しめました。

去る者がいれば新たに入ってくるものもいる。
3月にはプロ試験もありまた多くの新人が入るのでしょう。
個人的に「プロに臨んでいるもの」はありますが、強制するものでも
ないし、団体によっても方針が違うので見守る事しか出来ませんが、
一つ勘違いしてもらいたくないのは「プロはファンの為に存在する」
が「ファンは必ずしもプロの為に存在している訳ではない」という事。
若手の中にはそこを勘違いしている人もいるような気がします。
与えられた仕事をただこなすだけの人間にはなってもらいたくない。
自分から何を提供していくか?を考え業界を活気づけていけるような
人材にプロになってもらいたい。

「プロ辞めてどうするの?」という質問はうんざりするくらい他の人
にされているだろうから白河プロには敢えてしませんでした。

自分がした質問は「プロは辞めても麻雀は続けるんでしょ?」だけ。
その答えを聞いただけでほっとした。
まだ1ヶ月ありますが、白河プロお疲れ様でした!
100110_フラワー02.JPG

CIMG6185.JPG

111118_ぽっち03.jpg IMG_20130818_142506.jpg
posted by MATSU at 23:44| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

「バレンタインの思い出」の巻。

ここ数年は何故か雀荘でバレンタインを迎える事が多い。
どの雀荘もここぞとばかりに色んなキャンペーンを企画し、激しい
集客争いを繰り広げている。
先着で何名様だとか抽選で何名様だとか○○を達成したらという条件
付きだったりとか店によってそれは様々ですが、そんなにあげたく
ないならいらないよと思ってしまう自分は歳のせいでしょうか?

そんな中で自分が参加した昨年の2月14日を振り返っていた。
その日は忘れもしない関東では稀にみる大雪となった日だ。
電車は遅延し、歩くのもままならない状況下、片道約1時間半以上
かけて目的地に到達。
そこでは「プロと同卓してトップを取れたらチョコをプレゼント」
なる企画が行われていて同卓するチャンスはあったがトップは取れずバッド(下向き矢印)

代わりに同じ人が何度もチョコをもらっていた。苦労して来店し、
本当に欲しいと思ってる人がもらえず、たいして興味もなさそうな
人が何度ももらうイベントって何なの?と疑問に思っていました。

そんなトラウマもあって今後は企画もののイベントには参加しない
と決意。雀荘でもらうってのにも抵抗はまだまだある。
何故なら余程、心の広い人でもない限り、勝敗によって必ずしもいい
気分で帰れるとは限りませんからね。
自分は勝っても負けてもあまり感情を表に出さないようにしてます。
まぁプロのように勝っても誰かに褒め称えられる訳でもなく、普通
の一般人には寧ろ嫌われる事の方が多いと感じているからなんです
けどね。(フリーは特に)

来年はどうか普通にもらいたいものです(苦笑)。
もらえない場合も想定してこれは自分の為に買ったパンダチョコ。(笑)
IMG_20150215_000913.jpg
posted by MATSU at 01:03| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

「格闘倶楽部引退する」の巻。

キッカケとは突然やってくるものです。
ここのブログを始めるキッカケともなったコナミの麻雀格闘倶楽部。
自分はプロが参戦する以前の初代バージョンからからPLAYしてき
ましたが、やり始めた当初は会社帰りに毎日のようにゲーセンに足を
運び、休日ともなれば開店から閉店までひたすらゲーセンにこもって
廃人のように打ち続けていた事もありました。
そして格闘倶楽部2からはプロ本人も参戦するようになり、と同時に
プロの存在も知ったのでした。

それから全国各地でイベントもあり自分も何度か参加させていただき
ましたが一番初めに対戦していただいた二階堂亜樹プロを始め、多く
のプロとも対戦。掘り起こせばここのブログからもたくさんの記事が
見つかる事でしょうひらめき

ここ最近は投票選抜戦以来、モチベーションも下がり気味でしたが、
1月に「プロ雀士に会おう!キャンペーン」なる企画のプレゼント応募
受付があり、多くはありませんでしたが自分も何ポイントか応募。

そして先日2月2日結果発表がありました。
最初にサイトを見た時に目に飛び込んで来たのがコレ(↓)
 shishinsai_event_meet_co.jpg

なんだか知らないけど当選したーexclamation×2
と久々にテンションがあがったものの、そう言えば何が当選したんだろ?
と冷静に振り返り数時間後再びサイトを見てみると

先程表示されていた「当選しました」の表示は誤りですexclamation&question

怒りよりも悲しさでいっぱいで何か音を立ててプッツリと切れた音が
しました。

今となってはプロの方々ともリアルでガンガン対戦していただいてる
のでぶっちゃけ握手とか写真とか記念カードのプレゼントが改まって
どうしても欲しい訳ではありません(苦笑)
が、ファンの気持ちを踏みにじるような今回のミスは例えシステムの
トラブルであったとしてもあってはならないもの。
聞く所によると今回の現象が起きたのは自分だけではないとの事。
おそらく同じ思いをしている人が何人もいたでしょう。

落選から当選の間違いならまだしも当選から落選では天国から地獄へ
みたいなものですからねバッド(下向き矢印)
今まで十数年間お世話になった格闘倶楽部ですが、最初で最後のミス
が残念ながら自分の逆鱗に触れてしまいました。
自分は嘘をつくのも嫌いですが、嘘をつかれるのが最も嫌いなのです。

自分が十数年間付き合ってきたものだからこそ裏切られたショックも
かなりのものだったというだけで格闘倶楽部自体は魅力あるゲームです。
新規参入プロも増え、今後もバージョンアップを重ねて稼働していく
事でしょう。これから麻雀に触れる方への入門編のような位置づけに
もなっているでしょうから多くの方に遊んでもらいたいと思います。

まぁ始まりあるものはいつか終わるものですからしばらくはカードを
封印し、ゲームもイベントも参加しませんが、ここのブログはもう少し
続けます。

以上、滅多に言わない愚痴を蒼井プロ、松岡ちーぼープロにも聞いて
もらいましたw 注文した訳ではないけど何故か二人ともWピース手(チョキ)手(チョキ)
150203_ブル中野01.jpg 150203_四ツ谷道場.jpg
posted by MATSU at 00:39| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする